わたしたちについて

ごあいさつ

ごあいさつ

専務取締役

江﨑 広和-えさき ひろかず-

わたちたちは、土づくりから栽培指導、農作物の販売支援までをトータルで行う会社です。おもにいちご栽培に特化し、西日本を中心に生産者様のパートナーとして日々いちごづくりに向き合っています。

事業の基盤は有機肥料や培養土の製造販売です。安心・安全な食と農業のための肥料や培養土研究で培ったノウハウを活かし、いちごづくりに適した高設栽培システムや土壌分析、水質分析に基づく圃場に合った肥料設計をご提案しています。また、定期的に生産者様を訪問し、お困りごとを一緒に解決。栽培から管理、販売に至るまでのアドバイスを行っています。

わたしたちのノウハウは、各地のいちご名人さんとの交流や自社の観光農園「やまがたいちご楽園 雅」で培ったものでもあります。自社の肥料、栽培方法で育てた甘くて大きい「雅いちご」が実るここは、観光農園であると同時に、わたちたちの研究所でもあります。育てる苦労や難しさが分かるからこそ、生産者様と思いを共有し、寄り添えるパートナーでありたい。

わたしたちは、いちごで笑顔とご縁を広げていきます。

グローバルGAP

いちご栽培指導

気候・風土にあった
栽培ノウハウ。

いちご栽培は1作500日以上にもおよぶ長丁場です。わたしたちは、生産者様とともによい作物をつくるため、栽培土壌や水質の検査から始め、植物の状態を把握。早期に対策を練って、温度・液肥管理し、施肥、追肥、減農薬アドバイスなどを行いながら不作にならないようアドバイスをしています。

肥料・培養土の製造販売

土こそが
いちご栽培の命。

「健全な土づくりが健全な作物を産む」と考えるわたしたちは、いちご栽培に適した有機肥料や培養土などの土の製造に力を入れています。有機肥料を利用することで、病害虫にも負けない健全な作物となり、病害虫が発生した際でも微生物資材や天然資材によって防除効果が期待でき、減農薬栽培が可能になります。

高設システムの提案

ハウスの設計から
システム導入まで

新しくいちご栽培を始められる方に人気の高設栽培。本圃を腰高の位置でつくり、栽培管理や収穫がしやすいのが特徴ですが、根の量が少ないため、より細やかな管理が必要です。わたしたちは長年培った栽培ノウハウや自社農園での経験を踏まえて、ハウスから高設ベンチ、給液装置までシステムでもご提案しています。

農産物の販売支援

生産者の想いが
届くように。

安心・安全で品質、栄養価の高いいちごを、生産者の現場を理解して適正価格で販売する。生産者の顔が見えるいちごを消費者が納得して購入する。生産者様、販売者、消費者三者の考えを理解し、思いを同じくするパートナー企業と協力して持続可能な“三方良し”のいちご販売を行っています。

いちご観光農園

直営農園での
日々の気づき、
そして発信。

「やまがたいちご農園 雅」は、2015年1月に岐阜県山県市にオープンしたいちご狩り体験農園です。栽培面積およそ3000㎡の大型ハウスに、自社製造の培地、有機肥料をふんだんに使用。微生物資材やハーブオイルなどを用いることで、高設ベンチで減農薬栽培を行っています。

TAGS