いちご名人 -WEBマガジン-

イチゴの鬼花

いちごのこと2021.03.22

生育が遅れて生りが遅かったハウス。

着果負担が少なかったせいもあり、

栄養成長へ傾いて鬼花が咲いています。

 

Cf6e3e7f96054bec9a2e07c55834926b

6fabd60c93a944bdb83cbae4b4f6b4e0

 

鬼花⇨奇形果

鬼花は奇形率が高いので果形を確認後の摘実へ。

多少の奇形果は着果負担をかけるため残すようにしています。

その時大切なのは種の数。

少しでも種の多く入った果実を残す事で、

種で作られるホルモンによって、

栄養成長への傾きを弱める効果があります。

またチッソ補給はダメ❌

亜リン酸の灌水やプリベンタマグの葉面散布が効果があります。

 

栄養成長:生殖生育

6      :     4

 

ありがとう。

WEBマガジン「いちご名人」
いちごのこと。土のこと。気候のこと。ふとした気づき。大切にしていること。何気にないあれこれ。息抜き…私たちの日常から、いちご栽培への想いや秘訣、こぼれ話がたくさんちりばめられたコラムです。

TAGS