いちご名人 -WEBマガジン-

方列定植

いちごのこと2021.09.14

品種によってタンソ病が多発しています。

どうしても苗数の段取りが出来ない場合は、

方列に苗を定植してその株から出たランナーを、

畝の反対側へ挿してハウスを埋める方法をお勧めします。

(向かって左の様に向かい合って定植が正解。)

 

Fb7ab53964fc4f55abfbadb108d2d1d4

 

品種にもよりますが、

早ければ1月下旬に、

遅くても2月中には収穫が可能です。

コツは少しでも早くランナーを発生させて挿す事です。

ランナーを発生させるためには、

草勢の強化と摘葉が遅れないことです。

 

苗の重要性を切に感じる日々。

 

ありがとう。

WEBマガジン「いちご名人」
いちごのこと。土のこと。気候のこと。ふとした気づき。大切にしていること。何気にないあれこれ。息抜き…私たちの日常から、いちご栽培への想いや秘訣、こぼれ話がたくさんちりばめられたコラムです。

TAGS