いちご名人 -WEBマガジン-

太陽熱養生処理

いちごのこと2021.06.06

いちごの収穫は半月前に終わったばかりですが、

来シーズンに向けて大切な土作りが始まります。

 

Ee3618ccdcbd40768278ad3e30dc42b5

6f77308d44384ebdbfc04f9f50f49ac8

 

もちろんN -P -Kなど肥料設計も大切ですが、

大雅がそれ以上に大切にしているのは土壌の物理性と生物性!

簡単に言うと地力⤴️⤴️

根が弱く吸肥量の少ないいちご作りの中で、

地力ってとっても大切なんです。

土壌分析結果の中のCECとph数値を参考に、

弊社特性堆肥木炭コンポ(ミヤマグリーン)

活性バーク

を施肥して土壌混和。

その後タップリと水を入れて有効菌を地下深くへ落とします。

そして透明マルチで密閉。

有効菌と植物繊維、太陽熱エネルギー、水

大自然の大いなる力で、

前作で搾取した土壌を再生させます。

病害虫も一気に減少ます。

いちご名人の間では当たり前と言うか、

絶対必要な重要作業ですが、

最近の農家さんを見ていると、

手間や経費を考えて軽視する農家さんが多いです。

ベンチ栽培であろうが土耕栽培であろうが、

太陽熱養生処理は絶対に必要だと考えます。

近未来を見れば一目瞭然の結果が出ます。

 

ありがとう。

WEBマガジン「いちご名人」
いちごのこと。土のこと。気候のこと。ふとした気づき。大切にしていること。何気にないあれこれ。息抜き…私たちの日常から、いちご栽培への想いや秘訣、こぼれ話がたくさんちりばめられたコラムです。

TAGS